おじさんが保有している優待株のリスト (其の1:食品株)

優待株

おじさんが短期で株式を売買せず、長期投資となっている理由の一つに、株主優待を楽しみにしているからという記事を先日書きました。

優待株についての記事は何となくしか書いていなかったので、種類ごとに保有している優待株を紹介していくことにします。

まず初めに、王道の食品株から始めます。

スポンサーリンク

おじさんが保有している優待のある食品メーカーの株式

飲料メーカーや、食品を株主優待として送ってくれる食品メーカーでもあるJTを含みます。食品カタログ等を送ってくれる非食品メーカー(オリックスやヤマハ発動機など)は今回含みません。

銘柄コード銘柄優待内容おすすめ
1301極洋缶詰詰め合わせ
1333マルハニチロ缶詰詰め合わせなど 
2501サッポロホールディングスビール詰め合わせなど 
2502アサヒグループホールディングスビール詰め合わせなど 
2590ダイドーグループホールディングスジュース・缶コーヒー詰め合わせ 
25935伊藤園第1種優先株式お茶飲料詰め合わせ 
2594キーコーヒーレギュラーコーヒー詰め合わせ
2805ヱスビー食品食品詰め合わせ 
2809キューピー食品詰め合わせ 
2810ハウス食品グループ食品詰め合わせ 
2811カゴメ食品詰め合わせ 
2818ピエトロ食品・ドレッシング詰め合わせ 
2914JTレトルト米・カップ麺など詰め合わせ 
2922なとりかわきものおつまみ詰め合わせ

まとめてみると、14銘柄も保有していることを知りました。(もう少し少ないかと思っていましたが、結構多かったです)

ここ1,2年のうちに新規で買った、また買い増した銘柄はJTだけです。

残りの銘柄は、少なくとも5年以上保有を続けています。最古参はアサヒビールの18年間で、10年を超えている銘柄も多いです。

スポンサーリンク

おすすめの優待食品株は?

上の表の右側に、おすすめの優待株に対して「〇」を付けました。

何だかちょっとマイナーそうな会社ばかりですって? そうです、アサヒビールやキューピー、その他すべてお勧めしたいのですが、メジャーどころではつまらないので、株式投資としてはマイナーと思われる会社に〇を付けさせていただきました。

では、簡単にではありますが、紹介していきます。

極洋 (1301)

元々は「極洋捕鯨」として出発した会社です。今は捕鯨を核にはできませんが、水産物を買い付け・漁獲・養殖し販売、また加工販売する会社です。

冷凍食品はスーパーでもよく見かけることと思います

また、最近では本マグロの養殖も行っているようで、資源を守ることにも力を入れています。

売上高はここ5年間は右肩上がり、利益も安定して出しています。(下記は2019年11月10日現在の極洋のWeb Siteより)

ここ10年の長期株価推移です。2017年に値を上げた銘柄の一つでしたが、2018年に1年かけて元の定位置である3000円弱に戻ってしまいました。

配当金は2008年から2016年まで一株50円、そこから60円、70円と増配しています。今期も70円の配当を予想しています。

ただ、11月5日の第2四半期決算で今期の業績予想を下方修正しました。当初は当期純利益を38億円としていましたが、8億円減の30億円としています。漁獲高の減少や、鮭の市況が思わしくないことが原因のようです。下方修正後も株価への目立った反応はありませんでしたが、注意が必要かもしれません。

さて、今回の記事は優待株です。

極洋をおすすめする理由は、普段あまり買わないような高級缶詰が送られてきます、鮭缶と鯖缶が主ですが、どちらもスーパーの100円の缶詰と比べると格段においしいです。

下記はキョクヨーWeb Siteからコピーしたものですが、こんな贈答品になるような缶詰を送ってくれます。(ブログで写真を挙げている方がいらっしゃるので興味のある方は検索してみてください。著作権等ありそうなので、ブログからは拝借するのはやめておきます・・・)

単元株が1000株だった時には5000円相当の優待品を送ってくれていたのですが、10株を1株に統合して単元を100株に変更したときに、100株株主への優待は2500円相当になってしまいました。改悪ではありますが、優待額を減らすことにより株主が損をするわけではないので良しとします。もっと食べたい方は、300株まで保有株を増やすか(6000円相当の缶詰を頂けます)、配当金でキョクヨーの高級缶詰を買いましょう。

おいしい缶詰を食べて、極洋のファンになりましょう。

スポンサーリンク

なとり (2922)

言わずと知れたお酒のお供のメーカーです。チータラで有名ですが、イカ系のおつまみの他にも色々なおつまみを出しています。

おじさんは普段から時々なとりの商品は購入していますが、優待の時期になると今年はどんな商品が届くのか楽しみになります。

売上高と当期純利益の推移は次の通りです。

売上高は右肩上がりですね。元々商品開発力があり、もっと売れてもいいのになと思っていましたが、最近は商品パッケージにも力を入れているようで、のんべぇのお供だったイメージを脱却しつつあるように思います。

11月1日に第2四半期の決算短信が発表されていますが、今年度の売り上げ予想は472億円で、右肩上がりを継続中、当期純利益予想は10.8億円で、2919年度より微増の予想です。

株価は2018年から下がり続けていましたが、ようやく下げ止まった感があります。

珍味は海外に目を向ければ、将来性は高いと思いますので、今後のなとりには期待したいです。

一株当たりの配当金も、ここ10年間で13円から20円まで増配を続けています。今期予想も20円です。

さて、最後に株主優待ですが、2019年3月期の優待内容がGMOクリック証券のなとりの優待情報に載っていました。ビールや焼酎でチビチビとやりたかったのですが、子供もなとりは大好きなので、あっという間になくなってしまいました。

スポンサーリンク

キーコーヒー (2594)

キーコーヒーに関しては、以前記事にしています。

既に記事にはしているのですが、やっぱりおすすめしたいのでもう一度紹介させてください。

キーコーヒーの売上高の推移です。600億円を少し超えるところでほぼ一定です。

今年度 (2020年3月期)のグラフは、緑は第2四半期の実績だと思います。ピンクが何かは良く分かりません。(Web Siteをくまなく探せば何か載っているのかもしれませんが、よくわかりませんでした)

次に当期純利益の推移です。

2017年度、2018年度と利益は下がっていましたが、今年度は業績が回復しています。

と言っても、指標を見る限りは少し微妙です。売上高600億円に対して良い時で純利益が10億円強なので (営業利益もあまり変わりません)、あまり儲かっていない会社なのかもしれません。

通期の業績予想は当期純利益で7億円です。第2四半期で既に9億円の純利益を出していますが、上方修正はしていません。

これから営業費用等必要で利益は減少するのか、保守的な発表をしているだけで今後業績の上方修正があるのか、注目していきたいです。

先日キーコーヒーの記事を書いたのは9月4日でしたが、その後株価は気持ちよく上昇しています。11月8日終値は2398円です。 業績の回復が見えてきたのが原因かもしれません。

さて、株主優待は、大体下記の写真のような感じのものが年に2回届きます。ドリップオンは会社に持っていき、その他は朝食時に飲んで朝の気付けにしています。

あっという間になくなっちゃいますけどね。

スポンサーリンク

その他は今回はざっくり紹介します

〇を付けたもの以外もおすすめしたいのですが、あとは大体有名どころなので今回はざっくりとした紹介にとどめます。

まずはサッポロビールとアサヒビール。アサヒは昔から株主限定ビールが送られてきます。サッポロは今まではヱビス&黒ラベルでしたが、今年は追加で株主限定ビールも送られてきました(3年以上の長期保有だったからかも)。ビールは普段から買って飲んでいるので株主優待はおまけですが、それでもそろそろ来る頃かなと時期が近付くと楽しみになります。

ダイドードリンコはものすごい量の缶コーヒーとたらみのゼリーが年に2回送られてきます。消費するのが大変だと思ってしまう量ですが、気が付いたらなくなってしまいます。伊藤園も、年に1度ですが、飲みごたえのある量のお茶が送られてきます(1000株保有の場合)。

エスビー・キューピー・ハウス・カゴメ・ピエトロは、定番商品(カレールーやケチャップ、ドレッシングやマヨネーズ)の他に、発売したての新商品が送られてくることが多いです。使ってみてリピーターになった商品も色々あります(調味料やレトルトの調味パックなど)。株主優待をただのコストとせず、広告と考えている側面もあると思います。リピーターになってくれれば会社も株主優待を起こるメリットがあります。
Win Winの関係なので、こういう株主優待は良いと思います。

マルハは缶詰の他、魚肉ソーセージなど数種類から選ぶことが出来ます。一通り制覇したような・・・。カニ缶もあります。

最後はJTです。パックのレトルト米ってほとんど食べたことがなかったのですが、おいしいことを知りました。非常食に取っておいても良いと思います。(お米の他カップ麺等から選んで送ってもらう優待ですが、おじさんは冷凍食品も選べるようにしてほしいです。リピータが増えると思いますが、冷食を発送するのは大変なのかな?)

それでは、今回は長くなってしまいましたが、この辺で。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ次のボタンをクリック下さい。

株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました