ソフトバンクの株式を100株購入

長期投資

先週金曜日に無事に冬のボーナスが会社から振り込まれていました。

お金をパーっと使いたい衝動に駆られているのですが、何かを買いたいかというと特に必要なものがありません。

ということで、あまり面白くありませんが、高配当株の分散投資の一環として、通信株であるソフトバンク(グループでなく携帯屋さんの方)の株式を100株購入してみました。

スポンサーリンク

楽天証券のPTS取引で購入

つい今しがた、楽天証券の夜間取引(ジャパンネクストPTS)で取引しました。

ジャパンネクストPTSは、SBIが運営しているPTS(私設取引所)です。

11月18日に日経が記事にしてみなおどろいた、個人の成り行き注文を高速アルゴリズム取引に先回りされて、東証の板よりも不利な価格で約定してしまうという例の取引所です。

記事はこちら

覗かれる株注文データ 高速取引、個人に先回り
株の売買注文を出したら、何者かに瞬時に先回りされている――。個人投資家からこんな声が上がるようになったのは、つい最近のことだ。そしてその不満は、ネット証券最大手のSBI証券のユーザーからのものだ。市場でいったい何が起きているのか。探ると、超高速で売買を繰り返すHFT(ハイ・フリークエンシー・トレーディング)業者の関与が見えてきた。・・・・・

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52202780V11C19A1000000/

どうもこのPTSが運用を開始したTIF(タイムインフォース)と呼ばれる、注文を東証に流す前に短時間PTSの中で見せてしまうというものが問題だったようです。(その間に高速取引業者が東証で買い付けて、少し高い値段で東証で売り、成り行き注文と約定させる)

日経が記事にした同じ日に、SBIはPTSで見せていたTIFの時間(100~300ミリ秒=0.1~0.3秒 by 日経)を0ミリ秒に変更した(だからもう文句を言うなという雰囲気の内容でちょっとびっくり)と発表しています。

本日の一部報道について

本日、一部報道機関において、当社が2019年10月から「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)」に「TIF(タイム・イン・フォース)」を導入したことにより、超高速で売買を繰り返すHFT(ハイ・フリークエンシー・トレード)業者が、東京証券取引所に回送されるSOR注文を先回りして同取引所で約定できる可能性が報道されましたが、2019年11月18日現在において、TIFの設定時間は0ミリ秒となっております。・・・・・

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=corporate&dir=corporate&file=irpress/prestory191118_01.html

この発表、おじさんは少し気になります。SBIは「TIFを取りやめにしました」とは一言も書いておらず、TIFの設定を0ミリ秒に変更したと発表しています。

気になったのはおじさんだけではないと思います。理系で数字や論理にうるさい人はSBIの発表に「???」だったのではないでしょうか?

TIFを使用している限り、先回り注文はできるのではないでしょうか?0ミリ秒というのは0.99ミリ秒にセットした、ないし四捨五入でゼロ=0.49ミリ秒にセットしているのかもしれません。

なぜSBIは、TIFを取りやめましたと書かなかったのか?
もしくは、先回り発注が出来ないようにシステムを変更しましたと書かなかったのか?
もう「先回り」が出来る設定ではないのかもしれませんが、先回りできないようにしたのであればそのようにハッキリと発表してほしいと思います。会社の信用の問題につながります。

と、話がかなり脱線しましたが、SOR取引を成り行き注文で行う時にはくれぐれも気を付けてください。

ちなみに夜間のPTS取引は非常に閑散としていて、当日の終値より不利な取引価格となることが多いです。

おじさんの購入価格は1473円なので、当日の終値1469円と比べて4円(100株なので400円)割高です。長期保有の予定ですので、400円はあまり気にしないことにします。

スポンサーリンク

ソフトバンクの株価の推移と配当利回り

ソフトバンクは、1年前に株式を上場、期待された割には株価は低迷していて、超高配当銘柄の一角を占めるような銘柄になってしまいました。

配当予想は1株85円で、12月9日終値換算で配当利回りは5.79%となっています。

商社や銀行株とともに持っていれば、高配当銘柄のリスク分散になると思います。株価が今後下がるようでしたら、もう少し買っていこうかなと考えています。

それでは


ブログランキングに参加しています。
よろしければ次のボタンをクリック下さい。

株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました