長期投資のモチベーション

long term short term低位株

このブログのタイトルは「おじさんのノンビリ長期投資」です。

「長期投資」と題名にあるように、おじさんは株は基本的に買ったらほったらかしで長期に保有しています。買ってから1年未満で手放した株はほとんどありません(もしかしたら1回もないかもしれません)。

結果的に買ったらほったらかしの放置プレイになってしまっている銘柄がほとんどです。株を売るのは、買いたい銘柄があっても手持ちの資金がない時に、愛着の低い銘柄を消去法で選んで売却し、買いたい銘柄の購入資金に充てる程度です。

でも、初めから株は長期投資で行い、短期トレードはしないと決めていたわけではありません。

長期投資が必ずしも資産運用に優れているわけではなく、今年のようNYダウが上がるたびに米中関係の貿易リスクが持ち上がり株価が調整に入る・・・という流れに素直に乗っかって売買している人が賢い投資家・投機家です。

しかし、「長期投資でじっくり運用したいのだが、株の値動きが気になってしまい、上がっても下がっても直ぐに売ってしまう」という方も多いのではないかと思います。

今日は、そんな方のために長期投資を実践するための秘訣をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

余剰資金で投資する

おじさんは、余剰資金を使って投資をしているので、まだ株を売却して何かを買うための資金に充てたことはありません。

そもそもあまり物欲がなく、会社の周りの人と比べてもつつましい生活をしています。

先日、職場の仲間との飲み会で、「仕事のストレスがひどいので、何かを買ってストレスを発散している」という話になりました。
みな、時計を買った、ブランドのスーツを買った、パソコン買った、などなど結構お金を使っています。
気長さんは何を買いましたか?と聞かれ、「うーん?そういえば、最近(ここ数年)特に何も買ってないですね。まぁ買ったと言えば会社かな?(商社とか銀行とか・・・)」とチンプンカンプンなことを答えてしまいました。

使う予定のない余剰金で株を買えば、売却に迫られる心配もありませんので値動きに一喜一憂しても売りたくなる誘惑に勝てるのではないかなと思います。

住宅購入資金(頭金)、近い将来の車の購入・買い替え資金、近い将来の子供の教育資金などで株式投資を行わず、しばらく使う予定のないお金で投資をするのが、長期投資をする秘訣です。

スポンサーリンク

好きな会社の株を購入する

長期投資のモチベーションの第一は、好きな会社の株を購入することです。

株主となると、株主総会の案内が送られてきます。議決権も付与されます。その会社の経営に参加しているという気持ちが芽生えます(気持ちだけでなく、実際に参加しているのです)。株式総会に参加するのも良いでしょう。その会社のファンである限り株式を保有し続けたくなるかもしれません。

まずは自分の好きな会社(小売り業界、食品・日用品・家電・自動車メーカー、外食産業、鉄道・航空会社、銀行などなんでも良いと思います)の株を買ってみましょう。

スポンサーリンク

優待株を購入する

優待株の購入は、長期投資を行うに十分なモチベーションになります。

食品会社の株主優待は、新商品や株主限定商品をを送ってくれることも多く、今年は何が送られてくるのかという楽しみが出来、ストレスなく長期保有を続けることが出来ます。

レストランや居酒屋・ファストフードの会社は、株主優待に食事の優待券や割引券を採用しているところが多いです。近くにそのお店があり定期的に利用している人は、長期保有をしやすいと思います。

ただ、業績の悪い会社が株主と株価を維持するために、 魅力的な株主優待をだしている可能性があります。経営破綻や、優待内容の変更により株価が急落する可能性がありますので注意が必要です。会社が利益を上げているか、財務状態に問題はないか、十分に調べてから投資してください。

初めは、あまりに優待が魅力的な会社はパスして、株主優待はおまけ程度のものを用意している会社に投資するのがリスクは小さいかもしれません。

何がお勧めですかって?上にも書きましたが、自分の好きな会社に投資するのが長期投資の秘訣です。株主優待がある会社で好きな会社に投資してください。

何か勧めてくださいって?
もしあなたがコーヒーが好きでしたら、以前もご紹介したキーコーヒー(2594)はいかがでしょうか?

キーコーヒーをお勧めする理由は、

  • 年に2回、コーヒーの詰め合わせが送られてきます。
  • コーヒーファンという冊子が年に2回送られてきます。アットホームな会社の雰囲気が良く分かり、キーコーヒー好きのコーヒー好きには、ますますキーコーヒーのファンになると思います。
  • 「株主総会の会場に来られない人も、議決権の行使をしてください」と株主に対して積極的な株主総会への参加を呼び掛けてくれています。最近では議決権を郵送やネットで行使した株主に対してコーヒーファンの冊子と一緒にドリップコーヒーを送ってくれます。
  • 株価は比較的安定しています。投機家がやってくるような銘柄ではないのでしょう。

コーヒー好きの方は、トラジャコーヒーというインドネシアのコーヒーをご存じだと思いますが、キーコーヒーはトアルコ・トラジャというブランドのトラジャコーヒーを出しています。コーヒーファンでは毎回トアルコトラジャの記事が書かれており、そこで働いている日本人・現地社員の紹介等しています。おじさんなんて「キーコーヒーに転職してたらトラジャコーヒー農園で働きたい!」なんて思いながら毎回見ています。

スポンサーリンク

高配当株を購入する

2019年11月現在、予想配当利回りが4%を上回る配当利回りの銘柄がゴロゴロしています。

余剰金を銀行に預けていても、金利の高いオリックス銀行の5年定期で年利0.35%です。銀行に預けても仕方がないので資産形成として株式に投資するのは「あり」だと思います。

その中でも、業績が安定していて配当金の減配リスクが小さいと考えられる銘柄は、長期保有目的で投資するモチベーションになるのではないでしょうか?

今後も安定して配当金を出してくれる会社が分かりませんですって?
おじさんも分かりません。

分からないときは、先に挙げた秘訣「好きな会社」「優待株」の中から高配当株を選んでみるのはいかがでしょうか?

良く分かりませんという方は、「累進配当」を宣言している会社や、ここ何年も減配していない会社でかつ高配当のところに投資してみてはいかがでしょうか?

おじさんが保有している銘柄で増配を続けている会社は「ドコモ・JT・オリックス・三菱商事」など、おじさんは保有していませんが連続増配で人気の銘柄は、花王・ブリヂストン・KDDIなどです。

おじさんは、最近保有している株式を整理して高配当株にシフトしようかなと考え始めています。

おじさんが保有している高配当株はこの前まとめています。

スポンサーリンク

低位株を購入する

これは少々難易度が高いかもしれません。

以前記事にしましたが、おじさんは株式投資を開始した2001年に丸紅を一株71円、住友重機を一株60円(今の単位では一株300円)で購入し、長期保有で大きな利益を出しました。

これに味を占めてしまい、低位株を購入して長期で上昇をじっくり待つという投資方法が大好きです。

大好きですが、このやり方は出口戦略(売却の戦略)を持って行った方が上手くいくように思います。

おじさんは、ビジョナリー、OKI、マツダ、オリコなど(他にもあります)、この作戦が成功して株価の上昇を経験しているものの、結局ほったらかし長期投資をしてしまい、株価低迷に戻ってしまうという失敗をし続けています。

ただし、出口戦略を徹底し、株価が上昇したらどんどん売ってしまうとなかなか10バガー(10倍株)にはお目に掛かれません。10バガーまでは言っていませんが、おじさんが保有を続けている資生堂はまだ今後も株価は上昇するかもしれません。こんな銘柄を保有し続けるのはワクワクします。

おじさんが長期投資で一番のモチベーションになるのは、低位株を探して上昇を期待して保有し続けることです。

株式投資にギャンブル的要素やワクワク感を少し求めているのだと思います。でも短期のトレーディングは性分に合っていないので、低位株の長期保有にギャンブル的要素を求め、期待を込めて時々買っています。

スポンサーリンク

株価下落に対する耐性を身につける

おじさんはリーマンショックを経験しているため株価の下落に少し耐性がついています。

リーマンショック後に購入した株式の方が多いため、今後リーマン級の下落が発生して株式やリートの価格が滝のように下落していくことを想像するとゾッとします。でも、トランプ砲程度の株価下落では、今のところ冷静に対応できています。
(間違えました。冷静に対応している人はそのタイミングで売買出来ている人なので、おじさんはボサっと成り行きを傍観しながら、まだ精神的ショックは受けていませんという程度です)

取り敢えず我慢して株式を保有して、トランプ氏のツイートによる株価の下落を何度か経験すれば、株価下落に対する耐性は少しずつつくと思います。

精神をやられないためには、初めのパラグラフに書いたように「余剰金で投資する」という鉄則は守ることをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は以上です。
タイトルにある「長期投資のモチベーション」に該当するのは、

  • 好きな会社の株を買い応援する
  • 優待株を買い毎年の優待を楽しみに保有する
  • 高配当株を買い配当を楽しみに保有する
  • 低位株を買い、業績の回復と株価上昇を期待する

の4点です。なかなか長期で株式を保有できない方の参考となれば幸いです。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ次のボタンをクリック下さい。

株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました