落ちてくるナイフを拾えるか?

長期投資

今週に入り、日経平均は回復の兆しを見せていました。1ヶ月かけて株価は十分に下げましたし、東京オリンピックの延期が決まり、投機家が日経平均の底値を意識し始めたのかなと想像していましたが、26日の日経平均は882円安と再び大幅な値下がりを見せました。

ここに来て東京を中心に新型コロナウイルスの感染者が拡大しており、国内経済への懸念が再び台頭してきたのが原因のようです。

株式市場はまだまだ不安定な相場が続きそうな予感がしますね。

おじさんは、「長期投資」を実践しているためか、ただのんびりしている間抜けなおじさんなのか、株式が急落を始めてから株式の売買を行っておらず、保有株式は塩漬け状態になっています。含み益の喪失はかなりの額になっています(泣)。

株価の下落とともに魅力的な個別銘柄も出てきているのですが、なかなか購入する勇気が出てきません。

「落ちてくるナイフに手を出すな」という格言が投資の世界にはあり、株価下落時に安易に株式に手を出すと痛い目を見るという教えです。(投資というより投機の世界の格言かもしれません)

今週1週間の値上がりを見て、先週いくつか購入しておけばよかったなと思いましたが、株価下落時に株式を購入するのはやはり勇気がいるもので、なかなか行動に移すのは難しいです。

リーマンショック時も、数年後に思い返すと当時は絶好の買い場でしたし、今回も株価はどこかで以前の水準に戻ると信じていれば、株式を購入するチャンスだと思います。

言うは易し行うは難しですが、聡明な長期投資家は少しづつ株式を購入しているかもしれません。

おじさんも何も考えない定期購入を企業型DC、つみたてNISA、その他楽天証券の自動積立投信で毎月購入を続けており、少なくとも積み立てでの投資信託の購入は今まで通り続けていく予定です。

それでは


ブログランキングに参加しています。
よろしければ次のボタンをクリック下さい。

株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました