2020年2月の不労所得(配当金や貸株金利収入)

banking corp配当金・貸株金利

2月の不労所得を報告します。

このブログを書こうとして思い出したのですが、マネックスに預けているオリックスと野村不動産の両リートの分配金が2月末権利日だったのですが、貸株を解除するのを失念していました。

貸株解除を失念すると税金相当額約20%を控除された金額を配当相当額として受領することになるのですが、それが雑所得としてカウントされてしまうため、さらにそこから数10%確定申告で税金を支払うことになります。

貸株金利は0.1%しかありませんので、やっていることはまさに本末転倒。忙しいとついつい貸株解除を忘れてしまいます。

マネックスは配当金の自動取得サービスがありますが、このサービスを利用すると「通常より低い金利」しか受け取れないようで、それが嫌な人は自分で解除してくださいと注意事項に書かれています。嫌がらせとしか思えません。

リートはマネックスの金利が一番良いことが多かったのでマネックスを使っていたのですが、今はどこの証券会社もあまり変わらないので配当・優待自動取得サービスが使いやすい楽天に移管した方がよさそうです。

2月はあまり多くありませんでしたが、不労所得を報告します。

トータル : 41,762円

内訳
配当金及びリート分配金 : 35,381円
貸株金利        :  6,381円

下3桁が同じ金額ですね。確率1000分の1です。こういうのって少しうれしくなります。

それでは、


ブログランキングに参加しています。
よろしければ次のボタンをクリック下さい。

株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました