2019年11月末の資産状況

assets資産状況

早いもので、今年も後1ヶ月になってしまいました。

本当に、毎年毎年、1年が過ぎるのが早くなっていきます。

そして何にもしないうちに1年が終わってしまいます。学生のころ、また会社に入って10年くらいは毎年自分が成長していくのが分かりましたが、最近10年は自分の成長も全くないような気がします。今年はもう1ヶ月しかないのでこのまま惰性で過ごしますが、来年こそは何かに挑戦したいと思います。(と、ここ10年思い続けています)

さて、ここ1ヶ月のおじさんの資産運用結果の報告です。

スポンサーリンク

種類ごとの資産状況

11月末のおじさんの資産状況は次のようになります。

1か月前に記事を書きましたが、10月末には105,000,000円程度でした。

したがって、この1ヶ月で40万円の資産を減らしたことになります。

おじさんはサラリーマンとしてのお給料で手取り約40万円を毎月貰っていて、月々40万円以下で生活しているので、株式や投資信託の運用のマイナスはもう少し多いです。

スポンサーリンク

11月の各種別の運用結果

11月の運用の主な結果です。

個別株式

11月上旬は、第2四半期決算を行った会社が多かったですが、その中で、資生堂がややネガティブサプライイズと受け止められる内容の決算だったため、株価を大きく下げました。

資生堂の1か月前の株価は大体9000円、今は7900円のため、資生堂1銘柄で110万円のマイナスとなりました。これが全体の足を引っ張っています。

その他銘柄はでっこみひっこみありましたが、トータルでは少しプラスです。

Jリート

保有しているJリートの評価額は少し下がっていると思います。(定性的でスミマセン。オリックス不動産やスターツプロシードなど、投資額の多いリートは下がっているのでトータルでもマイナスだと思います)

11月中旬にリートは大きく調整しました。一時期10月末と比較して100万円程度全体のリート保有価格が下がりましたが、その後、下落の大部分は元に戻っています。

11月の運用結果は、少々のマイナス(10 ~20万円程度)だと思います。

投資信託

投資信託はトータルリターンが見られるので資産の推移を把握するのは簡単です。

11月の運用含み益は全体で約20万円増加しています。

主な理由はアメリカの株価指数が上昇を続けていることですかね。

日経平均は10月の終わりと11月の終わりはほとんど同じです(11月終わりは23,293円)。日本株のインデックスは世界株の投信として保有しているだけなので、投資額はそれほど多くありません。

FX, CFD

ドル円はこの1ヶ月で108.5円~109.5円と約1円の円安になりました。しかし、ユーロ円はあまり変わらず、豪ドル円は少し円高になりました。結果、運用結果はあまり10月末と変わりませんでした。

CFDで現在ポジションを持っているのは原油の買いポジションだけですが、1バレル58ドル付近だったWTI原油価格は、日本時間30日の未明に55ドルまで急激に値下がりしました。これによりCFDのこの1ヶ月の損益はほとんどありません。

スポンサーリンク

12月に向けて

12月は9月の中間決算にからむ中間配当を受領できます。昨日の土曜日に配当金支払いの手紙が多く届いていたので、今週振り込まれるでしょう。

また、今月は冬のボーナスが会社から支給されます。

年末にプラスの報告をしてお正月を迎えたいので、相場がコケ内容に祈っています。コケたらコケたで、ボーナスで安く何かを仕込めるから別に良いんですけどね、と強がって11月の報告を終わりにします。

それでは、


ブログランキングに参加しています。
よろしければ次のボタンをクリック下さい。

株式長期投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました